日本語文字入力技能大会が円満に閉幕

   Release time: 2014-04-11    Have access to: 23

 

12月25日、W1715教室で日本語科はじめて行われた日本語文字入力技能大会は円満に閉幕した。わが学院の12級の三つのクラスから合わせて63名の学生が本技能大会に参加した。

   大会は三つのクラスに分けて次々と行われていた。大会に参加する学生が10分間の時間制限で指定された文字を日本語入力法でパソコンのワードドキュメントに入力するように要求されている。成績は入力した文字の数、正確率によって評定される。指定の文字は日本語入力法のワープロ検定3級の内容から選ばれたものである。午前の9時から10時半にかけて、大会は緊張で秩序整然の雰囲気に囲まれていた。文字の入力が終わり、先生と張先生がドキュメントを保存した。その後、日本語科の先生全員が学生たちの成績を評定した。121クラスの贺夏妮さんが一等賞を受賞した。王佳欢、丁姚菲が二等賞、王唯、王利民、何佳が三等賞を受賞した。近日受賞した学生に賞状を授ける予定である。

    本大会はわが学院の日本語科の学生が日本語文字の入力技能を高めることにチャンスを提供し、卒論及び就職のために土台を築いた。本大会を通して、学生たちの日本語の入力技能がまだ未熟していることや、入力のスピードが遅いことなどの問題も現れてきた

Close the window